ボランティア活動の心得

その1.出来ることから始めよう
最初から無理をするのではなく、自分の出来ることから始めましょう。
その2.相手の立場に立って考え、行動しよう
ボランティア活動は、相手がいることがほとんどです。自分勝手に行動するのではなく、相手に対する思いやりをもって活動しましょう。
その3.細くても長く続けよう
小さな活動でも、活動を続けることで信頼を得ることが出来ます。
その4.約束は必ず守ろう
ボランティア活動は、信頼関係が重要です。時間や約束事は必ず守りましょう。
その5.自分の能力に合わせて活動しよう
決して背伸びをせず、自分に出来ないと思ったら断ることも必要です。自分の出来る範囲で活動しましょう。
その6.自分の活動を振り返ろう
活動も長くなると、“慣れ”や“気の緩み”などが出てきます。時には立ち止まって自分の活動を振り返ってみましょう。
その7.活動から自分も学ぼう
ボランティア活動は、決して「してあげる」活動ではありません。善意の押し付けは対等な関係を崩すだけでなく、相手にとっても迷惑になります。活動を通して双方が相手から学ぶ活動です。
その8.事故には十分注意しよう
無理をすると自分だけでなく、相手にもケガをさせてしまうことや、物を壊してしまったりします。ボランティア保険の加入をお勧めします。
その9.家族や周囲の理解を得よう
ボランティア活動は、自分の生活の余暇を使って行うものです。家族や仕事を犠牲にすることなく、十分な理解を得て活動しましょう。
その10.秘密を守ることから信頼に繋がります
ボランティア活動は、対人活動が多いため、相手の様々な情報を知り得る可能性があります。相手のプライバシーは絶対に守りましょう。信頼関係の構築にもつながります。

anabolen pillen